ディアエスタ ミオ 夕陽丘DIAESTA MIO YUHIGAOKA

物件概要 現地・マンションギャラリー案内図 資料請求 来場予約

高台

夕陽丘に記す、格別の境地。

CONCEPT

大阪市内唯一の高台。
上町台地、そのヒルトップに
刻む誇り。

大阪平野の大半が海だった太古の時代から、高台としての存在感を際立たせてきた上町台地。難波宮や四天王寺、大阪城など、名だたる建築物がこの地盤の上に築かれてきた。

上町台地イメージイラスト

際立つ高みに、守られし一角。
夕陽丘に受け継がれる
上町台地の真髄。

上町台地には、谷町筋と上町筋の間を南北に走る尾根筋【熊野街道】がある。この限られたゾーンこそ、上町台地の中のヒルトップと呼べる領域。中でも、居住の地として良好な環境を守り続けているのがここ夕陽丘の一角である。

  • デジタル標高地形図

  • 大阪今昔散歩より:
    『大阪府区分新細図』1879年(明治12年)

住居系地域×駅徒歩3分圏立地は、
本物件のみ。

■大阪市北区、中央区、西区、阿倍野区、天王寺区で販売中もしくは予告告知中の新築分譲マンション(2019年6月11日現在)

上町台地随一の幹線道路「谷町筋」。
官公庁、寺院、学校などの
風景が連続。

大阪市内の南北交通の重要路線である谷町筋。天満橋から谷町4丁目にかけて官庁街が続き、行政の中枢ゾーンを構成。谷町7丁目からは、寺院の姿が多くなり、六万体から四天王寺前にかけては、落ち着いた環境を呈している。

  • 大阪府警察本部

  • 大阪府庁

  • 四天王寺中学校・高等学校

  • 大阪星光学院中学校・高等学校

12階より南方向を望む

※掲載の上町台地イメージイラストは周辺環境をイラストで概念的に表現したもので距離、建物のスケール等は実際と異なります。周辺環境・眺望・住環境は変わる可能性があり、将来にわたって保証されるものではありません。
※掲載の標高は「国土地理院ウェブサイト」(2018年12月現在)にて検索したものです。
※掲載のデジタル標高地形図の出典元:国土地理院の1:25,000デジタル標高地形図より。
※掲載の眺望写真は、現地約12階相当から撮影(2018年12月)したものにCG加工を施したもので、実際の眺望とは多少異なります。なお、眺望は将来的に保証されるものではありません。また、各階・各住戸により異なります。
※掲載の環境写真はイメージです。